PROFILE
LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
まずはおもちゃの「見える化」「届く化」
引っ越しを機に、おもちゃの整理を始めました。

ポイントは、もちろん片付けやすいこと。片付けやすいということは
すなわち、子供が遊びやすい、ということにもなります。

そこに「見える」
すぐに「手が届く」

という条件がそろえば、子供たちはよくそのおもちゃで遊びます。
おもちゃを出しやすい、ということはつまり片付けもしやすい、ということ。

今まで収納量や見た目を考えて、ふた付きのボックスを使っていましたが、
そのふたをとりました。


かご

ふたがなければ、おもちゃの出し入れが
「出す」→「入れる」
で完了。

子供たちの片付けをみていると、今までより本当にずっと早くなりました。
また、ふたがついていると、なぜか「きっちり詰めよう」という気持ちが起こるらしく、
今までふたがしまる状態になるまでの箱づめに、時間がかかっていたことも分かりました。

片付け時間のアップには、「ふたを取る」はおすすめです。

| 育児 | 06:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.contents-plus.com/trackback/998226